パワードサブウーファーが安いです カロッツェリアパイオニアの口コミ♪

ウーファーなので他を知りませんが接続も簡単で満足です。マニアのような10万もかけて、アンプや高出力のウーファーをイメージしてるのであれば期待外れです。これでも充分迫力ある重低音の音楽やDVD観賞ができますよ。

こちらです♪

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

パイオニア カロッツェリア パワードサブウーファー【パイオニア カロッツェリア】20cm×13cmパワードサブウーファー【TS-WX120A】

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

デッドニングと併せて実施したのでいい感じで鳴ってます。サブウーファー、取り付けて正解でした。【使いやすさ】音量や再生音域の調整はボリュームに親指をあてて簡単に操作できます、パイロットランプあるので、夜間の車内でも場所が分かります。充分な音です。半分のパワーで、音楽的には丁度いい感じです。リアスピーカーのない車だったので!リアスピーカーにするかウーファーにするか迷ったんですがウーファーをチョイス。取り付け次第またレビューします。また利用したいと思います。【音質】十分ドコドコ言います!競合他社の同等製品に比べわずかではありますが!再生音域が広かったのでこちらにしました!軽トラックでの使用につき!音量に不満はありません!ワゴン車辺りまでなら十分だと思います!室内の容量が大きくなってくるとどうなのかは分かりませんが!助手席の下に置くようにすればある程度車が大きくなってもいけそうです。【音質】一般的にはこんなものでしょう。名前に「サブ」とあるように、よくある「ズンズン」と鼓膜がおかしくなるような重低音ではありません。というかもう戻れません。あくまで「サブ」なので「スピーカーの音をより深く上品に広がりを持たせる」くらいの感覚で思ってもらえると良いかと思います。【その他】あと50センチほど、配線保護チューブが巻かれていれば良かったですが、コンソールボックスから足元マットの部分で30センチほど、黄色や青い配線コードが露出になるので黒いビニールテープか保護チューブで覆った方が見栄えが良いです。低音が出しゃばれないサイズなので、かえって自分の好みでした。ショップの方にはお世話になりました!めちゃめちゃ親切丁寧で届くのも早かった。早く発送して頂いて良かったです。プリウスのシート下に置きました。電源を入れて音楽を聴いてみると「良い音だな」とは思ったんですが、ウーファーの効能はどこにあるのやら?って感じでした。コスパに優れています。期待を込めて☆5です。【デザイン】約A4サイズで小さくてシンプルで良いデザインです。サブウファーと言うものを初めて着けます。【デザイン】Panasonicさんなどとも同じようなデザインですが!座席下に収納できるようにコンパクトになってます。ショップの対応も良く!商品も早く届きました。かなりの低音が鳴る外向きオーディオ用のCD!IBPのNightmare on bass streetをかけてみましたが!極々低音もきちっと再生できました。コペンに取り付けました。フルに出すとバランスを損ないます。。購入の決め手になりました。ありがとうございました。ウーファーボックスで巨大なスピーカーを鳴らすようなものに比べると音圧が劣るのは劣るのでしょうが!普通に聞く分に関しては十分な性能です。クレイジーケンバンド等の楽曲でもベースがしっかりした楽曲が多い事を、このサブウーファーを付けて気づく事が出来ました。またこちらのショップを利用したいです。また機会があれば注文したいです。【価格満足度】定価18000円のものです、それがここまで安くなってここまでドコドコ言ってってくれるので大満足の商品です。取付は思ったより簡単だったんですが、本体が思った以上にデカいのと、線の太さと本数が思った以上にあったので、いずれの処理も悩みました。値段のわりにかなりいいですよ。まだ装着はしていないのですが、お店の対応が早く、とても良い買い物ができました。接続配線はデッキ側の「常時電源」「コントロール電源」「スピーカー出力接続」「アース」を確認し接続するだけですので、かなり楽です。アンプ内臓なので!場所をとらず設置も楽でした。【価格満足度】これだけの機能がついて、この価格はお得です。すぐに届き対応もよく満足です!!取り付けが楽しみです!とても満足しています(≧∇≦)また利用したいです!新型シエンタに取り付け予定です。部品の適合など親切に対応して頂きました。車への取り付けはまだですが、本体はシンプルだけど重厚感あり。結構な衝撃でした。【使いやすさ】ワイヤード式のコントローラが付属してるので、DVDを観ながらでも簡単に調整できます。毎回コンポの画面で調整する不便さはありません。息子が着けたいって、車の中じゃあまり関係無いんじやじゃないかと思うけど値段も手頃だしってチョット楽しみですね。設置前にデッキの方の説明書も良く読んでおくと作業が楽です。が、試しにウーファーからの音を消してみると…なんと薄っぺらくなってしまうのでしょう。結局本体は運転席の下!配線は運転席側のドア側を経由しました。【その他】設置に関しての注意点はデッキによってサブウーファーの出力が設定されている物があり、通常のギボシ接続ではなく、オーディオジャックになっている物がありますが、そのデッキとつなぐ際は別途ジャックを用意する必要があります。